Français

 

追悼

エドワード・ケネディ


パリ、2009年が静かに幕を下ろしつつある時、私はアメリカ、マサチューセッツ州 Hyannis Portから一通の封書を受け取った。

エドワード・ムーア・ケネディ上院議員の遺族からの私が送った弔文に対する丁寧な礼状であった。

2009年8月25日、エドワ−ド・ケネディ 愛称テッドの訃報がフランスでも大ニュースとしてTV、新聞で報じられた。

脳腫瘍の手術後静養中との事は知っていたが、オバマ大統領の就任式に出席したり、大統領のお嬢さんに犬を送ったりしたなどというニュースも聞いていたので、順調に回復へ向かっていらっしゃるのではと思っていた。

突然の訃報、痛恨の思い居たたまれず、私は FAX で婦人と遺族にワシントンのオフィス宛で弔文を送ったのであった。ナンバーなどは日本のケネディの会の松村氏がメールで知らせて下さった。

葬儀、埋葬の様子はテレビでも報道されていたが、ワシントン特派員の新聞記者の友人が現地から直接メールで詳しく伝えてくれた。

ワシントンDC..私は一度だけ行ったことがある。それはテッド・ケネディと会見するためであったのだ。

NHK東京総局でアナウンサーをしていたときのことだ。出張でニューヨークへ行く折、慶大時代国際関係に興味を持つ「伸び行く青年の会」をちょっと知っていたため 主催者の同窓生堀添さんに 何とかワシントンまで足を伸ばしてテッド・ケネディに会って日本の青少年とのフレンドシップの扉を開いてきてくれないかと頼まれたためであった。

テッドはなかなか合うことの難しい方と聞いていたが、運良く当時のNHK土屋ワシントン市局長が、テッドの右腕である秘書とコンタクトがあるとのことで、私との会見のお膳立てをしてくださったのである。

あかげで私はたった一人でテッドの上院議員オフィスをたずねたのであった。

入り口までは日本大使館の書記官が付き添い、立派な車で送迎もしてくださった。

遠いところから良くいらして下さったと、テッドは温かくオフィスに迎え入れてくださった。テッドはすらりと背が高く、繊細なイメージの貴公子、当時まだ三十台前半の青年セナターであった。

私はどんな挨拶をしたのか覚えていないが、彼のオフィスの壁に所狭しと児童画が飾ってあり、それが快い色調であったせいか緊張がほぐれて「貴方のお子様の絵ですか」と真っ先に質問したのだった。

するとテッドはニコニコしながら、これは娘の絵、こちらは息子の絵と近くまで導いて説明してくれたのである。そしてちょっとはにかみながら、あれは私が描いたのです、と一点の作品を指差した。それは明るいブルーの海景の水彩画であった。絵を描くのが趣味ですとおっしゃっていた。

私も絵を描くのが趣味とそのときは言わなかったが、絵のおかげでなんとも和やかな初対面となった。

しばらくソファーに座って対談をした後、テッドは是非議事堂を案内したいと誘い、オフィスの地下から議事堂をつないでいる地下鉄に乗せてくれた。遊園地の乗り物のようなミニ地下鉄で、足の長いテッドと秘書は体を縮めてその小さな椅子に座ったのが微笑ましくつい笑ってしまった私。

議事堂はなんと広大で、あちこちご案内いただいた間、テッドは自ら2度も椅子を探してきてくれて私をやすませてくれた。手には私のバックを持ってくれた。

最後は長い階段を登って屋上に出て、ここは一番写真写りが良いところですとおっしゃり、そこでご一緒に記念写真におさまった。

終始テッドの優しさにいたわられながら過ごしたひと時が、日本青少年友好のための使命を果たしたものかどうか...

私はその後 ヴォイス・オブ・アメリカラジオステーションのスタジオでインタヴューを受け会見の様子を話し、また日本に帰ってから 若者向けに「エドワード・ケネディ会見記」を学研の中学コースに執筆した

そして長い年月が過ぎた。

私は今は一人の画家として長いことパリに住んでいる。

最近耳にしたことがあるがその後テッドはあの青年の会のメンバーが訪ねて行くと快く会って下さったそうである。

青年の会は今も存続しているかどうかはわからないが、当時の主催者、会員の中から、JICA 国際協力機構の重要ポストで活躍している人、各種の国際ボランティア活動に身を捧げている人が育っているようである。

私は今、テッドがその後描いた絵を見たいと思っている。ずっとあの青い海を描き続けていらしたのだろうか。何故か彼の描いた水は、とてつもなく澄んだ生命の水のような気がするのである。

パリ 2010年一月一日

平沢淑子