★ 超訳に挑戦 :

020 | 021 | 022 | 023 | 024 | 025 | 026 | 027 | 028 | 029 | 030 | 031 | 032 | 033 | 034 | 035 | 036 | 037 | 038 | 039 | 040 | 041 | 042 | 043 | 044 | 045 | 046 | 047 | 048 | 049 | 050 | 051 | 052 | 053 | 054 | 055 | 056 | 057 | 058 | 059 | 060 | 061 | 062 | 063 | 064 | 065 | 066 | 067 | 068 | 069 | 070 | 072 | 073 | 074 | 075 | 076 | 077 | 078 | 079 | 080 | 081 | 082 | 083 | 084 | 085 | 086 |
No 046
No. 045 ← →No. 047

Un homme demande a son medecin :
- dites docteur, comment se fait-il que ma femme attende des jumeaux ?
- He bien, monsieur, pour ce genre de probleme, deux facteurs entrent en jeu...
- Ha ! le facteur ! Je m'en doutais !


☆解説

最初のfacteurは要因、後のfacteurは郵便配達員。
フランスでも郵便配達員は手紙を置いていきますが、
子供も置いていきます(?)。
- あ! 郵便屋、そうだと思ってた!
直訳では何の事か意味が通じないので超訳の出番になるのですよね。

 奥さんのお産を控えて、男がお医者さんに尋ねています。
- 先生、どうして女房に双子が出来たんですか?
- そーですね、この種の問題は、えー...、要因が二つ程考えられまして...
- そうか!やっぱりあいつだったか!

(そうですね。気が付かなかったけど、双子のうちの一人はfacteurさんのと勘違いしたのかもね
->やっぱり(片方は)あいつのだったか!
でも面白そうですね)。

もうひとつジョークを:
- L'autre jour, j'ai invite des amis a la maison pour manger une omelette.
- Ils ne sont pas venus.
- J'ai donc mange une omelette sans_eux.

意味がわかって笑わせてくれたらオムレツおごります。