★ 超訳に挑戦 :

020 | 021 | 022 | 023 | 024 | 025 | 026 | 027 | 028 | 029 | 030 | 031 | 032 | 033 | 034 | 035 | 036 | 037 | 038 | 039 | 040 | 041 | 042 | 043 | 044 | 045 | 046 | 047 | 048 | 049 | 050 | 051 | 052 | 053 | 054 | 055 | 056 | 057 | 058 | 059 | 060 | 061 | 062 | 063 | 064 | 065 | 066 | 067 | 068 | 069 | 070 | 072 | 073 | 074 | 075 | 076 | 077 | 078 | 079 | 080 | 081 | 082 | 083 | 084 | 085 | 086 |
No 050
No. 049 ← →No. 051

- Client: allo le support ? J'etais dans WordPerfect, et soudain mon ecran est devenu tout noir.
- Hotline: est-ce que vous voyez encore le prompt ?
- Client: le quoi?
- Hotline: quelque chose qui clignote sur l'ecran...
- Client: euh... non !
- Hotline: est-ce que votre moniteur est bien connecte a l'ordinateur ?
- Client: mon moniteur ? C'est quoi ?
- Hotline: votre ecran !
- Client: ben, ... euh, je sais pas
- Hotline: de l'arriere de l'ecran partent deux fils :
un vers la prise dans le mur, un autre devrait etre connecte a une boite
- Client: je sais pas, je ne vois pas tres bien
- Hotline: vous ne voyez pas tres bien ?!?! Comment ca,
vous ne voyez pas tres bien ?
- Client: ben oui, vous savez, nous avons eu une panne de courant y'a juste cinq minutes et y'a plus de lumiere dans la piece !
- Hotline: ...
- Client: allo ?
- Hotline: oui, c'est plus grave que je ne pensais.
- Client: ah bon ?
- Hotline: vous avez encore le carton de votre ordinateur ?
- Client: oui!
- Hotline: bon alors, vous le remballez et vous le rapportez chez le vendeur.
- Client: ah ? C'est si grave ? Et je lui dis quoi au vendeur ?
- Hotline: ...que vous etes trop con que pour vous servir d'un ordinateur


☆ ちょっと解説

 le prompt はプロンプトと発音しています。英語です。
 カーソルはcursor、フランス語ではキュールサーと発音します。
プロンプトとカーソルは違のですが、カーソルとした方が日本語としては通りが良いでしょう。
 moniteur も英語の monitor の意味そのままをフランス語に転用しています。モニター、ディスプレー、画面の事です。
 la prise dans le mur(la prise murale) は壁の差込で、電源のコンセント、電話の差込口等になるの ですが、まじめにコンセントと訳すと、停電で画面が消えた答になってしまうので、この点、別の単語に置き換えて上手くごまかしましょう。
 boite はコンピュータ本体の箱を意味しますが、専門用語では使いません。むしろboitier と言いますが 、ホットラインは初心者用にboiteと言っています。箱と訳すと、日本語で意味が通じなくなるので、本体 又はコンピュータとするのが妥当でしょう。
 vous savez は日本語で"そうだよね"のように相手の同意を得る意味なので、そのまま訳さないで動詞の後に終助詞の形で加えるとスマートな日本語になります。
 grave :客はコンピュータが grave だと思ってますが、ホットラインは客をgraveだと言っています。
この点をわきまえて、上手い単語を見つけましょう。

 通常会話では、疑問形も全て平叙文になっているのに気を付けてください。
改まって話をする時、又は疑問形で無いと断定形と意味を混同する場合とかには疑問形を使います。
 ホットラインも最初だけ疑問形を使っています。


☆ 翻訳例

- Client: もしもし、サポートディスク ?
  ワードパーフェクトで仕事をしていて画面が急に真っ黒になったんです。
- Hotline: まだカーソルは見えてますか ?
- C: カー...、何?
- H: 画面上で点滅するやつです。
- C: えーと、いや !
- H: モニターはコンピューターにちゃんと接続されてますか ?
- C: モニター ? ...って何 ?
- H: 画面です !
- C: あー, ... エーと、分からないけど
- H: 画面の後ろにコードが二つ出てて...、 一つは壁の引き込みに行って、
 もう一つはコンピューターにつながってなければいけないんですけど。
- C: 分からないな...、よく見えないから。
- H: よく見えない ?!?! どうして。よく見えないんですか ?
- C: えー, 5分前に停電があって部屋が真っ暗なんで !
- H: ...
- C: もしもし ?
- H: ハイハイ, 思ったより重症ですね。
- C: あ、そう ?
- H: コンピューターの梱包をまだ持ってます ?
- C: はい!
- H: それだったら, コンピューターを箱に入れて買った所へ持って行って下さい。
- C: はー ? そんなに重症なんですか ? それで、なんて言ったら良いんですか ?
- H: コンピューター...やるにはあまりにも間抜けだから返しに来た、って!

このホットラインはこの後首になったのですが、言いたい事を言えるフランス人の気性を汲んで下さい。
そしてフランス人もコンピューター用語には弱いんです。
- Client: j'ai un virus sur mon ordinateur ...!!
- Hotline: ah!... (soupir) ... oui... bon... et??
- Client: je voudrais savoir si je risque de l'attraper?

これは訳すまでもないでしょうが、このままで小噺(ばなし)になりますよね。
それではこの下は?

- Bonjour, j'ai mon Nescafe qui ne marche pas...
- Heu .. je suis desole Madame, mais nous ne faisons pas de support pour les appareils electromenager
- Non non c'est Nescafe pour internet ...
- (???)... Ne vous voulez vous pas parler de Netscape par hasard ?
- Oui c'est bien ca ! Nescape... Nescafe... c'est la meme chose...

ここでは、いくらやっても学校の点数のプラスにならない超訳挑戦をやっています。
それでも良かったら、