★ 超訳に挑戦 :

020 | 021 | 022 | 023 | 024 | 025 | 026 | 027 | 028 | 029 | 030 | 031 | 032 | 033 | 034 | 035 | 036 | 037 | 038 | 039 | 040 | 041 | 042 | 043 | 044 | 045 | 046 | 047 | 048 | 049 | 050 | 051 | 052 | 053 | 054 | 055 | 056 | 057 | 058 | 059 | 060 | 061 | 062 | 063 | 064 | 065 | 066 | 067 | 068 | 069 | 070 | 072 | 073 | 074 | 075 | 076 | 077 | 078 | 079 | 080 | 081 | 082 | 083 | 084 | 085 | 086 |
No 051
No. 050 ← →No. 052

- Bonjour, j'ai mon Nescafe qui ne marche pas...
- Heu .. je suis desole Madame, mais nous ne faisons pas de support pour les appareils electromenager
- Non non c'est Nescafe pour internet ...
- (???)... Ne vous voulez vous pas parler de Netscape par hasard ?
- Oui c'est bien ca ! Nescape... Nescafe... c'est la meme chose...


☆ 解説

言葉は概念です。話す人、聞く人で意味が微妙に変わります。
それを翻訳するのですから、100%正しい翻訳はありえないのです。
でも、直訳したら、日本語で意味が通じなくなり、翻訳の意味がなくなる為、超訳が必要になってくるのです。
 Bonjour が「すみません」は面白い訳です。
 c'est la meme chose が「何か違うの・・」はすばらしい。「そんな感じのものですわね」はいける。
 pour とかの訳は面倒なのですが、「-をする」は最高。
...原文の意味を取り違えてなくて、正しい日本語で表現しているからです。

Netscape(ネッツカップ)、Nescape(ネスカップ)、Nescafe(ネスカフェ)。
フランス語で発音すると、みんな似たようなものですけど。



☆ パソコン、インターネットの普及によって、新語がどんどん出てきました。専門用語に関しては、英語をそのまま使ったり、フランス式に文字を当てはめたり、正直に翻訳したり。フランス人にとっても訳が分かりません。
発音もまちまち。
気取った人は、英語そのままの発音で、
本から学ぶ人は、英語をフランス語式に発音、
分からない人は...、読めないフランス語を日本人が発音する状況を創造して下さい。
英語は、フランス人にとっても外国語なんです。
次の発音は、何を意味するか分かりますか?

1)イーマイル、2)アンターネット、3)オットライン、
4)セーデー、5)シットュ、6)ペーセー、7)プロヴィダー

人によって発音が違うのは状況判断で。

1)e-mail(イーメール)、2)Internet(インターネット)、
3)Hotline(ホットライン)service d'aide en ligne、
4)CD(シディー)、5)site(サイト)、6)PC(ピーシー)、
7)provider/provideur(プロヴァイダー)


☆ e-mailのオフィシャル名はcourriel(クーリエル)です。
でも(お堅い人意外は)誰も使いません。
殆どの人がイーメールと英語の発音を使う様になっています。
また、Netscapeはネッツケープと発音しています。
Netcafe、Nescape共、存在しない単語です。

☆ また性懲りも無く、オットライの話(面白いので)。

- Client: bonjour, j'ai un probleme sous Windows.
- Hotline: qu'avez vous sur l'ecran?
- Client: euh...un pot de fleur.
- Hotline: non, je veux dire " qu'est-ce qui est ecrit dessus? "
- Client: ah d'accord...euh...Sony !

フランス人同士で意味が通じないのに日本人に判れって言っても。
でもこれは挑戦ですから