★ 超訳に挑戦 :

020 | 021 | 022 | 023 | 024 | 025 | 026 | 027 | 028 | 029 | 030 | 031 | 032 | 033 | 034 | 035 | 036 | 037 | 038 | 039 | 040 | 041 | 042 | 043 | 044 | 045 | 046 | 047 | 048 | 049 | 050 | 051 | 052 | 053 | 054 | 055 | 056 | 057 | 058 | 059 | 060 | 061 | 062 | 063 | 064 | 065 | 066 | 067 | 068 | 069 | 070 | 072 | 073 | 074 | 075 | 076 | 077 | 078 | 079 | 080 | 081 | 082 | 083 | 084 | 085 | 086 |
No 053
No. 052 ← →No. 054

1)Le genie de la Renaissance italienne : Mickey l'ange.
2)Noe et son arche se sont echoues sur le mont Arafat.
3)La genetique arrivera un jour a clowner les gens.



☆ 解説

1)イタリアルネッサンスの天才は、ミッキー・ランジェロです。

- ディズニーランドから招待券をもらいそうな回答ですが、試験では落第券だそうです。
イタリア語のMichelangelo(ミケランジェロ)はフランス語でMICHEL-ANGE(ミケランジュ)と書きます。
ミッキーマウスは、フランス語でミッケーと言います。
Mickey l'ange(ミッケ・ランジュ)と発音は近いのですね。
genie は巨匠の方が合ってますね。

2)ノアと箱舟はアタタラ山で座礁しました。

- ま、座礁でも間違いは無いのでしょうけれど"山の上にとどまった"と言うのだそうです。
mont Arafat(アラファット山)は存在しない山で、聖地の意味で使われているようですが、それとmont Ararat(アララテの山)との間違いなのです。
超訳ですから読みの似ている阿多多羅山にした方がかえって面白いでしょう。
 聖書の原文は:l'arche reposa sur le mont Ararat.です。

3)遺伝学はクーロン人間をいつか創れるようになるだろう。

これもclowneとcloneの書き間違えなのですが、原文通りピエロと訳したら面白ろみがありません。
日本語では、クローン人間とクーロン(電気)人間の間違いにした方が通りが良いでしょう。
clowneはピエロ、クローンは、un clone。
le clonage humainは人間のクーロン化。動詞はclonerでclone以外は新語です。

un jourは、いつかという意味で、
Un jour tu verras, On se rencontrera, Quelque part, n'importe ou, Guides par
le hasard という歌詞のシャンソンがありました。
(いつかどこかで会えるだろう、偶然に導かれて)という意味です。
無理して歌に合わせて訳すと
♪いつか君と、会えるだろう、愛の糸に、引き寄せられて...♪

単語がフランス語の辞書で見つからなかったら、英語の辞書を引きましょう。
日英仏で類語辞典みたいに使えます。

下記は仏々、英々の専門用語辞典のサイトです
http://www.granddictionnaire.com/_fs_global_01.htm
又は仏々辞典として
http://encyclo.voila.fr/
下記は、百科事典のサイト
http://www.universalis-edu.com/
日仏辞書には載っていない単語が調べられます。

☆ 試験の珍回答集の第二段。

1)Les escargots sont homosexuels.
2)Le cerveau a des capacites tellement etonnantes qu'aujourd'hui
pratiquement tout le monde en a un.

試験官も目を丸くして驚く珍回答を、