★ 超訳に挑戦 :

020 | 021 | 022 | 023 | 024 | 025 | 026 | 027 | 028 | 029 | 030 | 031 | 032 | 033 | 034 | 035 | 036 | 037 | 038 | 039 | 040 | 041 | 042 | 043 | 044 | 045 | 046 | 047 | 048 | 049 | 050 | 051 | 052 | 053 | 054 | 055 | 056 | 057 | 058 | 059 | 060 | 061 | 062 | 063 | 064 | 065 | 066 | 067 | 068 | 069 | 070 | 072 | 073 | 074 | 075 | 076 | 077 | 078 | 079 | 080 | 081 | 082 | 083 | 084 | 085 | 086 |
No 081
No. 080 ← →No. 082

1.
- Client : Garcon, il y a une fourmis dans ma soupe!
- Garcon : Desole, Monsieur. La mouche est en conge.
2.
- Garcon, C'est inadmissible !!!!
Il n'y a pas de mouche dans ma soupe !!!
3.
- Garcon, y a une mouche dans ma soupe !
- Et alors! Monsieur, depuis qu'il frequente ce restaurant,
devrait savoir qu'on y jamais vu une soupe sans mouche !
- Je sais. Toutefois il y a un manque d'hygiene flagrant:
c'est la meme mouche que la semaine derniere.
A croire que le cuisinier fait expres !

----------------------
★ 解説
1.
Elle est en conge,
(ハエがあいにく)お休みなんです。→新鮮なハエが捕まらなくて、
ハエがストやってまして。
スープにハエが入っていなかった理由は、幾らでも見つかりますよね。
この辺は前後関係で変えても良いでしょう。
2.
おかしい!今日はハエが入っていない!
inadmissible は許せない!
でも、
『ハエが入っていないのは許せない』。と言うより
奇跡だ!の方がまだ受けが良いですね。
3.
店:この店でハエ無しのスープって見たこと有るかい?
客:無いけど、先週のハエが入っていたのは初めてだ。
  これは絶対、故意に入れたんだ。
又は、
客:いや、見た事無いけど、先週のハエが入っているのは
  衛生上問題が有るんじゃないかな?

on y jamais vu の『見た事が無い』を
『見た』と反対の言葉に置き換えて文章を書き換えると、以外と日本語の表現に近くなることがあります。
 否定形を、肯定形にしたり、その反対にして訳したり、
例えは、
衛生上問題が無いとは言えないでしょう?
とか...
----------------------
☆ 格言、ことわざ等は、言葉の中に様々な意味合いが含まれるため、
結構難しいものです。
読む人に依って受け取る意味が異なるのは、日本語もフランス語も同じ。
『読書百遍意自ずから通ず』、フランス語を読んでもやはり同じ。

* la melancolie, c'est le bonheur d'etre triste.
* Ne rien faire est le bonheur des enfants et le malheur des vieux.
* L'instinct, c'est l'ame a quatre pattes ; la pensee, c'est l'esprit debout.
* L'eau qui ne court pas fait un marais, l'esprit qui ne travaille pas fait un sot.
Victor Hugo

自分なりに解釈して、自分なりに超訳したら、是非