★ 超訳に挑戦 :

020 | 021 | 022 | 023 | 024 | 025 | 026 | 027 | 028 | 029 | 030 | 031 | 032 | 033 | 034 | 035 | 036 | 037 | 038 | 039 | 040 | 041 | 042 | 043 | 044 | 045 | 046 | 047 | 048 | 049 | 050 | 051 | 052 | 053 | 054 | 055 | 056 | 057 | 058 | 059 | 060 | 061 | 062 | 063 | 064 | 065 | 066 | 067 | 068 | 069 | 070 | 072 | 073 | 074 | 075 | 076 | 077 | 078 | 079 | 080 | 081 | 082 | 083 | 084 | 085 | 086 |
No 082
No. 081 ← →No. 083

1. la melancolie, c'est le bonheur d'etre triste.
2. Ne rien faire est le bonheur des enfants et le malheur des vieux.
3. L'instinct, c'est l'ame a quatre pattes ; la pensee, c'est l'esprit debout.
4.L'eau qui ne court pas fait un marais, l'esprit qui ne travaille pas fait un sot.

----------------------
☆ 勝手な解説

 あまり難しく考えないで、平素な言葉でまず文章を理解しましょう。
 その後どう解釈するかは、個人差があるので、訳とは無関係。

☆ 文字通りの解釈

1. 倦怠、それは寂しさを喜びとすること。
2. 何もしない事、子供にとっては幸せであり、老人にとっては不幸である。
3. 本能、それは四本足の魂であり、思考、それは二本足の精神である。
4. 溜り水は沼を作り、働かない精神は、愚かさを作る

☆ 勝手な解釈

1. 寂寞、倦怠、憂鬱。嗚呼、なんと愛すべき言葉だろう。
 不幸を愛するから憂鬱になるのです。

2. 子供に責務を与えない事は、子供にとって最高の幸せ。
 老人にやる事が無くなったら、これは最大の不幸。
(多分死ぬのを待つだけ?)

3. 本能は、しっかり四本足で踏ん張っている。思考は二本足の精神
 であるからぐらぐら動くのです。
 ->そら見なさい、人間よりまだ動物の方がしっかりしています。

4. 流れない水が濁る沼地を形成するように、働かない精神はドロドロに
 なるのです。

(すべて、ヴィクトル・ユーゴの語録ですので悪しからず)

----------------------
もう少し、ヴィクトル・ユーゴの語録から:

1. Il y a des hommes qui sont nes pour servir leur pays et
d'autres qui sont nes pour servir a table.

2. On jugerait bien plus surement un homme d'apres ce qu'il reve que
d'apres ce qu'il pense.

3. La misere d'un enfant interesse une mere, la misere d'un jeune homme
interesse une jeune fille, la misere d'un vieillard n'interesse personne.

ピリッと辛味を聞かせた訳で是非、